牛乳パックを再利用!今年のバレンタインはワンボウルで作る 『まるごと1枚板チョコジャムケーキ』はいかが?

もうすぐやってくるバレンタイン! 今年はワンボウルで簡単に作れる本格チョコケーキを手作りしてみるのはいかがでしょうか。牛乳パックを再利用して焼き型にすることで、型を洗うことなく、洗い物も減らすことができます。

美味しさの決め手は板チョコをまるごと1枚使うこと!また、余らせてしまいがちなジャムをたっぷりサンドすることで、しっとりとなめらかな舌触りのケーキに仕上がります。

簡単なのに、まるで洋菓子店のケーキのように上品で濃厚な舌触り。 大切な人やお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、ぜひ作ってみてくださいね。

エコでおいしいポイント

① 牛乳パックを容器として再利用。焼き型を用意する必要がありません。

② ワンボウルで作るので、洗い物の削減になります。

③ 余らせてしまいがちなジャムをたっぷり消費できます。また、しっとりリッチな食感に仕上がります。

『板チョコジャムケーキ』のレシピ

<材料>(900ml~1L牛乳パック 1台分)

・無塩バター

100g

・グラニュー糖

80g

・卵 

2個

☆薄力粉

100g

☆ココアパウダー  

大さじ2

☆ベーキングパウダー

大さじ1

・牛乳

大さじ3

・板チョコ

1枚(約7cm×16cm 、50g程度)

・好みのジャム

大さじ2~3(50g程度)

・粉糖(飾り用)

適量

        

<必要なもの>

・900ml~1L牛乳パック

・クッキングペーパー 

 

<準備しておくこと>

・牛乳パックは中をよく洗って乾かし、側面1面を切り取って型をつくる。

 プラスチック製の注ぎ口が付いている場合は切り落とす。

 牛乳パックの口を大きく開けている場合はホチキスで止めておく。

・切った牛乳パックの容器の中に、卵2個を割り入れ、溶いておく。

・バターを大きめのボウルに入れ、常温に戻しておく。

※このボウルに全ての材料を入れてワンボウルで作ります。

・オーブンを180℃に予熱しておく。

<作り方>

【調理時間:15分+焼成時間35分+冷却時間60分】

1. 常温に戻しておいたバターをホイッパーでほぐしてグラニュー糖を加え、バターが白く柔らかくなるまで混ぜる。

2. 1のボウルに溶き卵を3回に分けて加える。その都度ホイッパーで白っぽくなるまでよく混ぜ合わせる。

☆の粉類と、牛乳を加えて混ぜ合わせる。

3. 洗って水気を拭き取った牛乳パックにクッキングペーパーを敷き詰め、生地の1/2をヘラで入れる。

※牛乳パックは熱に強いですが、天板にくっつきやすいため、天板の上にも1枚クッキングペーパーを敷いておくのがおすすめです。

板チョコを生地の上にのせる。

板チョコの上にジャムを均等にのせる。

残り1/2の生地を被せて表面を平らにならす。

4. 180℃のオーブンで35分焼く。

爪楊枝を刺して、生地がついてこなければ焼き上がり!(焼き不足の際は、追加で5分程度焼いて様子をみてください。)

粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間冷やし、型から外して7~8等分に切り分けて完成です。

(時間がなければ冷凍庫で急冷してもOKです。)

ケーキを型から外す時に牛乳パックを広げるようにカットすれば、まな板の必要がありません。

また、切り分けた後は牛乳パックを捨てるだけなので、洗い物もなく、後片付けがラクになります。

仕上げに粉糖を振りかければ、お店で食べるようなおしゃれな仕上がりに!ひと切れずつワックスペーパーでラッピングすると素敵なプレゼントに早変わりします。

苺やブルーベリー、柚子など好みのジャムでアレンジを楽しめるのも嬉しいですね。

本命にも友チョコにも、きっと喜んでもらえる『板チョコジャムケーキ』。今年のバレンタインはエコで心のこもった手作りスイーツにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

レシピ/ akari

akari

浦和「kurasu_life料理教室」主宰。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。中国在住経験がある為、中国料理・アジアン料理も好きです。Instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

instagram

おすすめ記事

人参1本使い切り!栄養満点『ヨーグルトクリームのキャロットケーキ』

キャロットケーキ

炊飯器ひとつでメインと副菜を同時調理! 『鶏肉のパロワーズ』と『野菜ときのこの温サラダ』

パロワーズ

鍋ひとつでできるエコなおもてなし料理『さつま芋のチキンロール』

チキンロール