暑い季節をおいしく乗り切るクールビズレシピ『夏野菜と鯖の缶詰で作る冷や汁』

5月から地球温暖化対策の一環としてクールビズが始まりました。クールビズと言えばファッションの軽装化のイメージがありますが、実は毎日の食事から取り組めることもあるんです。

そこで今回は、暑い夏を快適に過ごすためのクールビズレシピをご紹介します! 身体の熱を取り除いてくれる胡瓜や茗荷をたっぷり用いて、食欲が湧かない時でもさらさらと食べられる「夏野菜と鯖の缶詰で作る冷や汁」です。

火を使わないお手軽メニューで、おいしく夏バテを予防しましょう。

エコでおいしいポイント

●胡瓜や茗荷など、カリウムや水分を豊富に含んだ夏野菜を用いることで、身体の熱を取り、脱水症状を予防します。

●温度の低いものを食べることで、体温が下がり、自然な涼を感じることができます。

●調理済みの鯖の缶詰を使うので火を使わずに済みます。

『夏野菜と鯖の缶詰で作る冷や汁』のレシピ

【調理時間】約10分(冷蔵庫で冷やす時間は除く)

<材料>茶碗4杯分

木綿豆腐

1/2丁(150g)

鯖の缶詰(水煮)

1缶(150g)

胡瓜

1本

茗荷

2〜3本

青じその葉

5枚

●だし汁

400ml

●味噌

大さじ1 1/2(約30g)

●しょうゆ

小さじ1

●すりごま 

大さじ2

わさび

お好みで

ご飯

人数分(1杯あたり約150g)

<必要なもの>

さらし(またはキッチンペーパー)

※さらしは、キッチンペーパーの代わりにもなるエコなアイテムです。

<作り方>

1. 木綿豆腐は一口大にちぎって、さらし(またはキッチンペーパー)で水気を軽く切る。

2. 胡瓜は薄切りにして、塩(分量外)をふって約5分おき、さらし(またはキッチンペーパー)で軽く水気を絞る。

3. 青じその葉と茗荷は縦半分切り、千切りにする。

4. ボウルに鯖の缶詰を汁ごと入れ、身をほぐして●を加える。

1と2、3を加えて混ぜ、ラップをして冷蔵庫で冷やしておく。

5. ご飯を器によそい、(ごはんを冷やしたい場合は水で軽く洗い、水気を切る)、3を上からかける。

以上で完成です。

お好みでわさびを添えて召し上がれ!

手に入れやすい食材でパパッと作れるお手軽メニュー。ぜひ夏の定番にしたいですよね。

体の中からクールダウンをして、夏の暑さを元気に乗り切りましょう!

おすすめ記事

下茹でいらずのこんにゃく麺で作る『トマトと柚子胡椒の冷製パスタ』

白石美帆さんおすすめ【コツコツごはん】なすと蒸し鶏のポン酢ドレッシング<レシピ付>