まるでお好み焼き!余りものをおいしくリメイク『素麺のパリパリ焼き』

喉越しが良く、夏の暑さにバテ気味な時に食べたくなる素麺。

茹で時間も短く手軽な食材ですが、たくさん茹で過ぎて食べきれなかった…なんてことも。

今回は、そんな「余りものの素麺」をアレンジしておいしく食べられる一品をご紹介します!

エコでおいしいポイント

● 余らせてしまいがちな素麺を活用するので、食品ロスの削減になります。

● 茹でた麺を活用するので、ガスや電気の節約になります。

● 冷蔵庫にある余りものを加えてアレンジも楽しめます。

『素麺のパリパリ焼き』のレシピ

【調理時間 約12〜13分】

レシピは2枚分の分量を記載しています。2枚に分けてもまとめて焼いてもOKです。

<材料>(2人用)

・素麺(茹でたもの)

1束分(50g)

・豚バラ肉

2枚(50g)

・油 

大さじ2

・鰹節

適量

・細葱

少々

◎醤油 

小さじ2

◎みりん

小さじ2

※◎の調味料はあらかじめ混ぜておく

<作り方>

1. フライパンに油を入れて熱し、等分に切った豚バラ肉、素麺の順に重ねて焼く。形を円形に整えながら押し付けるように中火で約3分焼く。

こんがり焼き色がついたらひっくり返してさらに中火で約3分焼く。

2. パリパリに焼き上がったら皿に盛り付け、合わせておいた◎を塗る。

鰹節と細葱をかければ出来上がりです。

外はパリパリ、中はもちっとした食感がやみつきに!

半熟の目玉焼きをのせたり、豚バラ肉の代わりにベーコンやハムを使ったり、冷蔵庫の残りものでさらにアレンジするのも◎。ちょっと小腹が空いた時の軽食にもおすすめです。

素麺に飽きてしまったり、中途半端に余らせてしまった時には、ぜひお試しくださいね。

レシピ/k-meals, 片山けいこ

湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。管理栄養士。

Webメディアへのレシピの執筆、自宅工房での料理教室、ケータリングやプチギフトの制作などフードコーディネーターとして活動中。肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。現在3児の母。

< K-mealsウェブサイト>

https://k-meals.com

おすすめ記事

下茹でいらずのこんにゃく麺で作る『トマトと柚子胡椒の冷製パスタ』

火を使わずレンジで完成!「なすと蒸し鶏のポン酢ドレッシング」<レシピ付>

捨てるところ無し! ワタも種も丸ごといただく『ゴーヤ食べ尽くし3品』

火を使わない省エネレシピで食べるクールビズ! 超簡単『野菜ジュースで作るガスパチョ』

暑い季節をおいしく乗り切るクールビズレシピ『夏野菜と鯖の缶詰で作る冷や汁』