白石美帆さんおすすめ【コツコツごはん】じゃが芋の下ゆではレンジで一石三鳥?!「牛肉ポテト」<レシピ付>

牛肉とじゃが芋を合わせたボリューム満点メニュー「牛肉ポテト」。

じゃが芋はフランス語で「大地のりんご」と呼ばれ、なんとりんごの5倍のビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、免疫力を高め、老化や病気の予防に効果のある栄養素ですが、

じゃが芋のビタミンCはでんぷんに覆われて加熱によって壊れにくいことが特長。

今回は、ちょこっとエコなポイントとアンバサダーの白石美帆さんのコメントもあわせてご紹介します。

ちょこっとエコなポイント

●じゃが芋をレンジ加熱することで、ゆでたり蒸したりするための湯を沸かしたり、鍋等の調理器具を用意する必要がありません。

●じゃが芋をレンジ加熱してから炒めるので、炒める時間を短縮できます。

じゃが芋のゆで方といえば鍋を使うのが定番ですが、ゆでる際に栄養素が解け出てしまうのがもったいないところ。

電子レンジを使うと栄養を逃さず摂れるうえに時短、省エネにもなって一石三鳥です!

白石美帆さんのコメント

じゃが芋の皮付きで栄養価もアップするし、一皿で満足する量なのが良いですね。

じゃが芋料理のレパートリーも増えるし、家族みんなが好きなメニューかと思います。

ここにパスタを加えても美味しそう!

私はトマトケチャップの酸味が好きなのでたっぷりつけていただきましたが、

自分好みの味にできるのが嬉しいです。

ナポリタン風の味付けでお弁当のおかずにも良さそうですね!

じゃが芋の下ゆではレンジにお任せ!「牛肉ポテト」のレシピ

<材料> 2人用

牛コマ 

100g

じゃが芋

3コ

玉葱 

小1コ

青菜 

1/5ワ

大1/2

Aバター又マーガリン

大1/2

A塩

小1/3

A黒こしょう(あらびき)

少々

トマトケチャップ

適量

<作り方>

  1. じゃが芋…洗って皮つきのままくし形切り
      →水にさらす→耐熱器にのせ、ラップをかけて電子レンジ加熱(目安として3コ500W約5分)
      ※皮つきが苦手な方はくし形に切る前に皮をむいてレンジ加熱しましょう。
  2. 玉葱…薄切り、青菜…ざく切り
  3. フライパンに油を熱して、牛肉、玉葱、じゃが芋を炒め、火が通ったら、青菜を加えてさっと炒め、Aで調味して盛り、ケチャップを添える。

電子レンジを使うと、じゃが芋の下ごしらえが楽チンな上に、鍋でゆでるよりほくほくします。

チーズをのせたり、粒マスタードを入れたり、コチュジャンをプラスして韓国風にしたり…

合わせる食材や味付けを変えるだけで、いろんなアレンジができますよ。

12/9号『すまいるごはん』のプチママ(12/9(月))で、「牛肉ポテト」を注文できます。

ツナのホットサラダが付いた2品構成で、約20分で作れる時短メニュー!

副菜付きのラクラク献立、ぜひお試しくださいね。

詳しいレシピはYOSHIKEIホームページでご確認ください。

<「牛肉ポテト」レシピページ>

https://www2.yoshikei-dvlp.co.jp/webodr/apl/10/101501_D.asp?WK=20191209&DY=20191209&KB=01&KD=34&PT=00&OA=1

<白石美帆ブログ>

https://ameblo.jp/mihoshiraishi/

※『すまいるごはん』とは、ヨシケイが50万世帯の方にお届けする夕食のレシピ/メニューです。複数のコースの中からお好みのメニューをご注文いただけます。

おすすめ記事

白石美帆さんおすすめ【コツコツごはん】さし水入れてエコ炒め?!「回鍋肉」<レシピ付>

回鍋肉

白石美帆さんおすすめ【コツコツごはん】「お肉やわらかビーフシチュー」エコレシピ<レシピ付>

ビーフシチュー

白石美帆さんおすすめ【コツコツごはん】手軽にエコ「フライパンで!石焼風サラダビビンバ」<レシピ付>

フライパンで!石焼風サラダビビンバ