おいしく食べて健やかな未来に! ~ヨシケイの食品ロス削減への取り組み~

最近、話題になっている言葉「食品ロス(フードロス)削減」。

10月1日から、食品ロス削減推進法が施行され、10月は「食品ロス削減月間」、10月30日は「食品ロス削減日」に制定されました。

ヨシケイは、「食に携わる企業」として、何か社会に貢献できないかという想いから、「食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)」に参加しています。

「食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)」とは

農林水産省を含む5府省庁(消費者庁、文部科学省、農林水産省、経済産業省、環境省)が連携し、事業者と家庭の双方における食品ロスの削減を目指して展開されている国民運動です。 農林水産省HP 食品ロスの削減

この運動を全国に広げるためにキャラクターの「ろすのん」がいます。

ヨシケイの全国約4,100台の配送車両とメニューブックには、「ヨシケイでフードロスをなくそう」のロゴが掲載されていて、食品ロス削減の認知啓蒙に努めています。

食品ロスの現状~食品廃棄の削減は世界中の課題

食品ロス(フードロス)とは、本来食べられるにもかかわらず捨てられる食品のこと。

農林水産省の発表によると、平成27年度の日本の食品ロスは約646万トン。

このうち約291万トンが一般家庭からのもので、日本人1人当たりの食品ロス量を試算すると年間で約51kg、「お茶碗1杯分(約139g)の食べ物」が毎日捨てられている計算になります※¹。

※1 農林水産省及び環境省「平成28年度推計」

もったいないですよね…。

これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成28年:年間約320万トン)の約2倍※²です。

限りある資源や環境のことを考えて食品ロスを削減することが世界中の課題となっているのです。

※2 国連世界食糧計画(WFP)2017年実績

食品ロスの削減のために私たちができること

農林水産省では、家庭の食品ロスは3つに分類しています※³。

1. 直接廃棄…賞味期限切れ等により、手つかずのまま廃棄されたもの

2. 過剰除去…厚くむき過ぎた野菜の皮など、過剰に取り除くことなどによって廃棄されたもの

3. 食べ残し…食卓にのぼった食品で、食べ切られずに廃棄されたもの

※3 農林水産省「平成42年度 食品ロス統計調査報告(世帯調査)」

これらを防ぐためには、「買い過ぎず」「使い切る」「食べ切る」ことが大切。

ヨシケイでは、豆腐1/2丁、人参1/2本など、その日の夕ごはんに必要なだけの食材をお届け。

スーパーでついつい食品を買い過ぎたり、買ったものを使い切れず捨ててしまった…なんてことを防ぐことができます。

<ヨシケイのお届け食材のイメージ>

一人一人が食品ロス問題に関心を持ち、ちょっとした意識・行動を変えていくことが食品ロスの発生を減らす大きな力になります。

きれいに残さず、おいしく食べることは、家計のムダをなくすことはもちろん、食べ物を大切にすることにつながりますよ。

豊かな食生活を楽しみながら、ずっと続く健やかな未来に繋げていけるよう、できることから始めてみませんか。

おすすめ記事

COOL CHOICE環境大臣賞受賞 ~ヨシケイのあんしんBOXで再配達ゼロ!!~

COOL CHOICE環境大臣賞受賞

食事の基本は挨拶から!「いただきます」「ごちそうさま」の意味を知っていますか?

いただきます

<

ヨシケイのエコへの取り組みが環境省広報誌『エコジン』で紹介!~あんしんBOXで再配達ゼロの宅配システム~

エコジン