11月は『和食月間』~手軽にできる「和食」のススメ~

11月といえば、秋の旬の食材が盛りだくさんで、ご飯がいっそう美味しい季節。

秋から冬へと移りかわる時季でもあり、寒くなる分、暖かいお鍋や汁物にほっとしますよね。

11月は『和食月間』。11月24日は「いいにほんしょくの日」。

2013年12月、四季の移ろいや風土に調和した日本の「和食」の食文化が、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

「和食」は食事の場における「自然の美しさ」の表現、食事と年中行事との密接な結び付きなどといった特徴を持つ、世界に誇るべき日本の食文化です。

今回は、そんな「和食」の特徴と、ヨシケイの栄養士が伝えたい「和食」のススメをご紹介します!

和食の4つの特徴

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の文化の特徴は、こちら。

①新鮮な食材とその持ち味を生かした調理

日本の国土は南北に長く、海・山・里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、出汁や醤油、味噌などを使用した素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

②優れた栄養バランス

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「旨み」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活となっており、日本人の長寿、肥満防止に役立っています。

③美しさ・季節の表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴の一つです。季節の花や葉などで料理を飾り付けたり、季節にあった器を利用したりと、季節感を楽しみます。

④年中行事との関わり

日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで家族や地域の絆が強くなるのです。

※参考:一般社団法人和食文化国民会議(https://washokujapan.jp/culture/

栄養バランスが整う、一汁三菜を無理なく続けるコツ

和食というと難しく考えてしまいがちですが、出汁や醤油、味噌といった日本の伝統的な調味料を使った一汁三菜の献立は立派な和食です。

この一汁三菜の食事スタイルは、体に必要な「エネルギーになるもの(炭水化物)」「体をつくるもの(たんぱく質)」「体の調子を整えるもの(ビタミン・ミネラル・食物繊維)」をバランスよく摂ることができます。

【こちらもおすすめ】ヨシケイの栄養士が伝えたい、バランスの良い食事のポイント!ヨシケイの栄養士が伝えたい、バランスの良い食事のポイント!

とはいえ、毎日忙しい中で一汁三菜も考えて作るのは大変と感じるかもしれません。

無理なく続けるコツとしては、副菜の一品は冷ややっこや納豆などの加工食品や野菜を切るだけのサラダ、お浸しといった手のかからないおかずにすること。

また、みそ汁を具だくさんにして副菜の一品と捉えたり、ワンプレート盛りにして洗い物を減らしたりするのも手です。

さらに、和食は、洋風や中華の調理に比べて作業もシンプル、油を多用しないからヘルシーなんです。鍋や皿を油で汚すことが少なく、洗い物の削減にもつながりエコです。

<和食でワンプレートごはん>

毎日の食事に少しのコツを取り入れて、身近・手軽に健康的な「和食」を始めてみませんか。

ヨシケイは、一汁三菜を基本スタイルとし、専属の栄養士が栄養バランスを考慮して献立を考案しています。

旬の食材や季節、催事に合わせたメニューを年間52週分提案しています。

ヨシケイのメニューをお使いいただくことで気軽に栄養バランスのとれた食生活ができます。

日本の素晴らしい食文化を守り、家族みんなが健康でしあわせに暮らしていくために、ライフスタイルに合わせて、毎日の食事を健康的に楽しめる方法を探してみませんか。

おすすめ記事

食事の基本は挨拶から!「いただきます」「ごちそうさま」の意味を知っていますか?

いただきます

ヨシケイの栄養士が伝えたい、栄養バランスが良い食事のポイント!

栄養バランス

地球にやさしい!暮らしにうれしい!地産地消のメリットとは?!

地産地消